top of page

転職活動の期間はどれくらい?効率的に進めるポイント、おすすめの時期についてもご紹介


転職スケジュール

転職活動は、新卒採用の就活とは違って明確に期間がないため「どれくらい時間がかかるものなのだろう…」と不安や疑問に思っている方も多いはず。そんな方に、今回は就職活動のスケジュール・期間はもちろんのこと、効率的に進めるポイント、転職活動におすすめの時期についてご紹介します。


転職活動の期間は約3ヶ月〜4ヶ月ほど

転職活動の期間は、大体3ヶ月〜4ヶ月ほどと言われています。

もちろん個人差はあるものの、目安としてこの期間を念頭に置いて進めていきましょう。

また、転職活動は現職の仕事と並行して進めていく方も多く、時間のやりくりも大切になってきます。

早めに流れを理解し、無理のないスケジュールを立てて取り組んでいくのがおすすめです。

具体的な転職活動の流れは以下の通りです。


ステップ1

事前準備(自己分析):約1〜2週間


ステップ2

書類作成、応募:約2週間


ステップ3

選考〜内定:約1〜2ヶ月


ステップ4

退職手続き・入社準備:約1〜2ヶ月


転職活動を効率よく進めるための3つのポイント


転職活動ポイント

転職活動は、現職の仕事と両立して行う方も多く、限られた時間の中で準備を行い、選考を受けていく必要があるので、いかに効率的に進めていくかが重要になってきます。ここでは、転職活動を効率的に進めるための3つのポイントについてご紹介します。


ポイント①転職エージェントを使う

「転職エージェント」とは、求職者の希望に合った求人紹介、企業との面接日程の調整や内定時の条件交渉など転職における様々なサポートを転職のプロである「キャリアアドバイザー」が行ってくれるサービスです。

数多ある求人に中から求職者の条件に合う企業を提案してくれたり、希望する企業への応募から面接日程の調整をはじめとするやり取りをお任せできることはもちろん、内定後の手続きのサポートを受けることもできるため、非常に効率的に転職活動を行うことができます。





ポイント②複数社の選考を同時に進める

転職活動においては、応募から選考結果が出るまでにある程度の期間があるので、一社ずつ進めていくと内定が出るまでに非常に時間がかかってしまいます。ですので、ある程度まとめて複数社応募することで、よりスムーズに内定獲得に繋げることができます。


ポイント③ゴールから考えてスケジュール表を作成する

最後におすすめしたいのが「スケジュール表」の作成です。

ここでのポイントは、必ずゴールからスケジューリングをしていくということです。スケジュール表のゴールは「転職予定日」とし、そこから現職の退職日、求人への応募を開始する日、情報収集を始める日というように具体的な日付を決めていきましょう。

そうすることで、ダラダラと長引くことなく、メリハリを持って短期間で転職活動を終えることに繋げることができます。


転職は現職を退職してからすべき?

現職がある中での転職活動を行う場合、「退社してからの転職」か「在職中の転職」どちらにすべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。

それぞれの状況もあるため、一概にどちらが良いとは言えませんが、いずれもメリット・デメリットがあるということは知っておくようにしましょう。


現職を退職して転職活動を行う場合

退職してからの転職活動は、片手間にならず時間に余裕を持って転職活動に最大限に集中できることがメリットです。一方で、退職をしたことで安定した収入がなくなってしまうことは大きなデメリットになります。

ある程度の貯蓄があれば大丈夫ですが、そうではない場合、収入面の焦りから早く転職活動を終わらせようとし、最適な企業とマッチングできない可能性も大いにあります。この点は注意しておくようにしましょう。


現職と両立して転職活動を行う場合

在職中に転職活動を行う最大のメリットは、安定した収入を得ながら選考を進められることです。

収入が不安定になることがないので、その面で転職活動に焦ってしまう心配がありません。

一方で、現職の仕事と両立して行わなければいけないため、転職活動にフルコミットすることが難しいというデメリットがあります。時間の制約があったり、体力的に疲弊してしまうこともあり、なかなか思うように進められないことも多いでしょう。そういう場合は、うまく転職エージェントなどを利用して無理なく進めてみてください。


転職におすすめの時期はある?

転職におすすめの時期

中途入社では通年求人を行う企業が多いですが、一般的には年度初めの4月入社を目指した1〜3月頃や、10月入社を目指した7〜9月頃が最も転職活動が活発化する時期だと言われています。


他の月に比べて多くの募集が出るため、希望の企業に出会える可能性も高くなりますし、選考のスピードも早くなるため早く内定を獲得できる場合があります。ただ、求人数が増える月は同時にそこに応募する人も増えるので、競争率は高くなります。

ライバルが少ない時期を狙うなら、上記の期間後の4〜5月や11〜12月頃にあえて転職活動を開始するのも良いでしょう。この時期は求人件数は減るものの、急を要する求人が増えるなど企業の採用の本気度が高くなることも。

選考が早く進むメリットもあることを覚えておきましょう。


以上、就職活動のスケジュール・期間、効率的に進めるポイント、転職活動におすすめの時期をご紹介しました。

まずは、上記を踏まえて転職活動の期間を設定して計画を立てていき、その上でスムーズに進められる方法をポイントを押さえて考えてみてください。

計画性を持って、メリハリをつけて進めていき、より良い転職活動にしていきましょう。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page